日常生活の中で業者に外壁塗装を勧められた経験がある人もいるでしょう。
外壁がどのような状態になっていて業者に外壁塗装を勧められたのか分からない人も少なくないでしょう。
そこで業者に外壁塗装 勧められたは外壁がどのように状態になっているのか見ていく事にしましょう。

・汚れが目立っている
業者に外壁塗装を勧められた時はまず外壁の汚れが目立っている事が挙げられます。
外壁の汚れが目立っていると業者も外壁塗装を勧めてきますが、この状態の時は緊急性がないのですぐに外壁塗装をする必要はありません。
そろそろ外壁塗装をした方がいいかなと思うぐらいでいいでしょう。

・チョーキングの症状が出ている
外壁が劣化してくると触った時のチョークの粉のようなものが付着するようになります。
これをチョーキングと言って症状が出ていると業者が外壁塗装を勧めてきます。
外壁が劣化している状態なので外壁塗装をする準備をした方がいいでしょう。

・ひび割れが出ている
外壁にチョーキングの症状が出ていてさらに劣化してくると今度はひび割れが出てきます。
ひび割れが出てきてしまうと雨が降った時に雨漏りしてしまうのでなるべく早めに外壁塗装をする必要があります。
業者もすぐに外壁塗装をした方がいいと進めてくるのでひび割れが出ている時は早めに行うようにしましょう。

関連記事


    inakanoie

    新築から10年そろそろ外壁塗装をするべきかどうか悩む時期に来ていると思います。高いからとずるずる放っておくとマイホームが傷んでしまいます。一般的に10年目を目安に外壁塗装を行うと3倍家は長持ちすると…


    外壁塗装の工事を依頼する際に自社施工で塗装をしていいくれる業者を探すポイントは? 見分け方の1つとして、まずはホームページを見てみることです、ホームページの内容にはその会社の社員の人数、身内経営をして…


    外壁塗装を行う時にどうしてもにおいが気になります。 そこで臭いのでない塗料を調べてみましょう。 弱溶剤型塗料は塗料用シンナーで伸ばし、匂いが出る塗料であります。 しかし、この塗料もメーカーが改良され比…