クラシックシェービングとは

日本をはじめとする先進国では髭剃りは電気シェーバー、5枚刃などの多枚刃のカミソリが主流と言えます。クラシックシェービングとは言葉から分かるように昔ながらの髭剃りの方法を指していて両刃カミソリなどを使用して髭を剃ることをいいます。便利なシェーバーが沢山販売されていて、逆に両刃カミソリを探す方が大変な時代において敢えて両刃カミソリを使用してクラシックシェービングを行う人がアメリカでは増加傾向にありますし、日本においても徐々に増えてきていると言えます。それでは何故クラシックシェービングを行う人が増えてきているのかを両刃カミソリのメリットとデメリットを説明しつつ紹介していきます。

 

 

両刃カミソリのメリット

まず簡単に両刃カミソリについて説明すると、言葉の通り刃面の両側に刃があるタイプの昔からあるカミソリ刃を意味します。専用のホルダーに刃をセットしてヒゲ剃りを行うのですが主流のカートリッジ式タイプと比較して深剃りすることが出来る点とコスト面でのメリットがあると言えます。 つまり時間と手間をかけてもいいから深剃りをしたい人や髭剃りにかかるコストを抑えたいという人にお勧めしたい商品です。

多少手に入れるのが難しいと言えますが替え刃がカートリッジタイプよりずっと安価なのが魅力です。ちなみにFEATHER社(日本)のブランドであっても1枚35円程度でダイソーのノーブランド品の韓国製だと1枚10円程で購入することが出来ます。5枚刃などの替え刃は1枚200円から300円が主流なのでこの違いは大きいということが出来ます。

さらに両刃カミソリの場合はメーカーを超えての互換性があるので他のメーカーの刃でも使用することが出来るのがメリットで替え刃を購入する際に便利と言えます。他にもクッション性が無いから剃る際に感触や音でダイレクトに剃り具合を確認することが出来るので自分好みの深剃りを追究することが可能です。

 

両刃カミソリのデメリット

両刃カミソリのデメリットは扱いが難しい点です。刃にクッション性がないので指先の力が加減がダイレクトに刃先に伝わるのが特徴と言えます。だから慣れていない人は力の加減が難しく慣れるまでは髭を剃るだけではなく肌を傷つけてしまい流血沙汰になってしまいます。それ故に髭剃りの際には集中力が必要で朝にぼーっとした状態で髭を剃ると怪我をするリスクが高いので注意が必要です。あと肌への負担が大きい点と手間がかかるといったデメリットがありますがメリットとデメリットを比較し自分が何を重視してカミソリを選ぶかが大きなポイントとなります。

 

 

 

関連記事

    None Found