髭の形を整えるポイント

基本的に男性の髭というのは加齢と共に太くなり、50代では20代の頃と比較して髭の太さは1.5倍になると言われています。だから若い男性は髭が薄い人が多いのです。あと髭の伸びるスピードは1日に0.3から0.5mm程なので髭を一定の長さでキープする為には伸ばしっぱなしではなく2、3日に1度整える必要があります。 若い人の髭は薄いから3mm以上の長さになると貧弱な印象を与えてしまいます。だからそれより短い状態でキープすることでカッコイイ髭を作ることが出来、その目安は3mm前後に揃えることです。反対に50代の男性が髭をカッコよく整える為には6mm前後にすることをお勧めします。髭が濃い50代の場合は6mmで揃えると形もボリューム感も出てダンディな印象の髭を作ることが出来ます。

 

 

髭の形のパターン

髭のスタイルは十人十色でそのパターンや呼び方も多岐に渡っています。また似合う髭のパターンも顔の形、髭の濃さ、年齢などによってかなり違ってくるので自分に合う髭のパターンを見極めることが重要です。好印象を与えて清潔感のある髭をデザインする為には自分の髭の生えている場所を把握した上でデザインするようにしましょう。口髭、顎髭、頬髭などのパーツの中から中心にしたい部位やどう髭を残すかをしっかりと考えるようにして下さい。

実際にどのような髭のパターンがあるのかを代表的なモノをいくつか紹介していきます。、口髭と顎髭を伸ばして短くカットするショートコンチネンタルヒゲ、鼻より下にカコミを作るカコミヒゲ、あとは顎下髭、フェイスラインに沿った顎髭が日本人に多くみられるタイプと言えます。女性の好き嫌いが分かれるパターンが頬までうっすらと覆う無精髭、無造作に伸びた口髭と顎髭を残した野武士髭、他にも個性的なパターンが扇形の髭、コンビネーション髭などが挙げられます。

 

 

髭の手入れ方法

髭の長さはを維持する為にはマメにカットをして手入れをする必要があります。髭をカットするのは洗顔の前に行うのがポイントで洗顔後の濡れた状態ですると実際の長さと違ってくるので注意しましょう。また髭をカットする際にはコームで梳かしてカットし、右利きの人の場合は右から左、左利きの人の場合は左から右にカットするのが基本です。あと髭のお手入れ方法としては中央部分は長めにカットしてサイドは短めにするとバランスが良くなります。ちなみに顎髭に関しては最初に全体的に長めにカットしてサイドは短くカットするようにして下さい。カット後はコームで髭を梳かして気になる所がある場合は最後に微調整を行います。(参照:髭 形

 

 

関連記事

    None Found