外壁塗装を行う時にどうしてもにおいが気になります。
そこで臭いのでない塗料を調べてみましょう。
弱溶剤型塗料は塗料用シンナーで伸ばし、匂いが出る塗料であります。
しかし、この塗料もメーカーが改良され比較的臭いの出ない塗料と言われております。
それでもビニール養生を行い密封されると臭いがこもり、中に入ると結構な匂いがします。
そこで、近年水性塗料が各種メーカーが改良されて、水性塗料でも非常に塗膜が強く、長持ちする塗料が開発されました。
支流で言えば、水性シリコンが多く一般家庭では使われております、その上の水性フッ素塗料というのが出てきて、非常に長持ちし、なおかつ匂いが出ない塗料となっております。
水性塗料と言うのは、作業性的にも良く、渇きも早く、刷毛塗り、ローラー塗りでも、素人でも誰でもきれいに塗れるので大変に作業効率も良くきれいに仕上がります。
水性塗料なので、もちろん水道水で洗い流し、きれいに捌けもローラーもまたきれいに使えるようになります。
しかし水性シリコン、フッ素等々は乾くと非常に塗膜が強く、水で溶けるのですけれども、乾くとその成分を力発揮できるようにな作りとなっております。
どこのメーカーが良いとは言えませんが成分など見てもどのメーカーも似た様に思えます。
外壁塗装に興味を持った方はこちらも参考にしてください。⇒外壁塗装 塗料 臭い

関連記事


    inakanoie

    新築から10年そろそろ外壁塗装をするべきかどうか悩む時期に来ていると思います。高いからとずるずる放っておくとマイホームが傷んでしまいます。一般的に10年目を目安に外壁塗装を行うと3倍家は長持ちすると…


    外壁塗装の工事を依頼する際に自社施工で塗装をしていいくれる業者を探すポイントは? 見分け方の1つとして、まずはホームページを見てみることです、ホームページの内容にはその会社の社員の人数、身内経営をして…


    日常生活の中で業者に外壁塗装を勧められた経験がある人もいるでしょう。 外壁がどのような状態になっていて業者に外壁塗装を勧められたのか分からない人も少なくないでしょう。 そこで業者に外壁塗装 勧められた…